笑子のフォト俳句ブログ

ブログ

[1168]  [1170]  [1167]  [1171]  [1169]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161

 五月闇掛け軸の字の淡くなり  笑子
  さつきやみかけじくのじのあわくなり


一茶記念館横にある 俳諧寺(はいかいじ)
明治43年(1910)一茶をしのんで建てられた一茶俤堂俳諧寺
天井には、一茶の里を訪れた多くの俳人の作品が掲げられています



ここに お友達の美枝さんの俳句の先生の俳句があるというので
のぞき込んで見せていただきました(-^〇^-)

この建物の裏手に昨日紹介した 一茶のお墓がありました



お昼を食べたお蕎麦屋さんにいらっしゃった金ピカの一茶
本当は 質素で地味で淋しがりやさんだったと思います

雪とけて村いっぱいの子どもかな
・・・雪国の長い冬が終わり、雪解けがはじまれば
   家に閉じこもっていた子供たちが
   外へでてきて村中いっぱいに賑やかだ

われと来て遊べや親のない雀
・・・親のない子すずめさん、私も親がない身だから
   その寂しさがよく解るよ、さぁこっちへおいで一緒に遊ぼう

ふるさとや寄るもさはるも茨の花
・・・ふる里へ帰ってきたのに この村の人は皆
   茨のトゲのようにトゲトゲしく冷たく
   誰も私をあたたかく迎えることはしてくれない

大の字に寝て涼しさよ寂しさよ
・・・我が家の座敷で大の字に寝れば
   なんと涼しく心地よいものか、しかしこの故郷では
   誰一人優しくしてくれる人もなく寂しさがこみ上げる

名月をとってくれろと泣く子かな
・・・あの綺麗なお月様をとって欲しいと泣く我が子
   それに答えてあげることがでない心苦しさ

ともかくもあなたまかせの年の暮
・・・あれこれ考えてもどうなるわけでもない
   この年の暮れも全て仏様にお任せするしかないのだ

一茶の俳句は どこか寂しそうな句が多いですね。。。
私の好きな句を幾つか書いてみました




みなさんへ・・・☆
※このブログはコメント承認制を適用しています。
ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません

コメントのお返事は ご訪問にかえさせていただいてます(*;ω人)

ポチッと応援 宜しくお願いいたします(。uωu)
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

おはようございます

おはようございます。

笑子さんのお話を聞くと、
どことなく寂しくもあり、
また、魅力的でもあり、
小林一茶の里へ旅してみたいと
思いました。
一茶という方は、意外にも、
身近に感じる方だったのだな
と思います。
  • ジュレ
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)07:25:36
  • 編集

無題

改めて一茶の句を読むと、心に響くものがありますね。

今日はこれから出かけるので、応援ポチッ☆ だけで失礼します。
  • カシオペア
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)07:30:34
  • 編集

無題

一茶の句は私も好きですよ。
素直に詠まれていながら奥が深いというか。
  • 太郎ママ
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)07:54:53
  • 編集

子供の数

雪とけて村いっぱいの子どもかな

ぼくの言っていた小学校は
最高時は昭和33年生徒数822名
現在 同じ学校ですが生徒数132名!!

何と言う減少でしょうか

一茶さん何とかしてください

無題

おはようございます。

この天井に見覚えがあるのですけど、
笑子さんのとこじゃなかったでしたっけ~・・・・・・・・・・?
違う方でしたかねぇ・・・・・・・・。

掛け軸よりも生け花に目が行ってしまいました^^;
見事ですね~。「美」って言葉がピッタリ~(^^)
こういうの見ると日本っていいな~って思います。
  • あけびーの
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)08:23:39
  • 編集

無題

おはようございます。

一茶の苦はさびしさがあるって俳句のわからないオイラも感じます。
「名月をとってくれろと泣く子かな」・・・オイラも好きな句です。

無題

笑子 さま

紹介して下さった俳句を読んで、
わたしも一茶を身近に感じました。

実は誰もがこころの中で感じるふとした
寂寥感や孤独感、無力感、それを
さらりと詠んでいるような…。
こういう感性、感覚を大切にしたいです。

無題

おはようございます。
一茶の俳句を目にしますと、
心身の面で暖かい気持ちを持ってほしいという
その願いを捧げているなと
私の方で感じていますね。
村とランキングに応援

無題

おはよう!

昨日はお母さまにお会いすることができました。
一つ一つ丁寧に説明を受け、
その事がとても熟れいかったです。
ハセドンさまにも会って、少しお話もしました。
列車の時間もあり、もう少しお話ししたかったのですが
後ろ髪を引かれる思いで会場を去りました。
宜しくお伝え下さい。

俳諧寺の天井いいですね。
一句一句見てると時間がいくらあっても足りませんね。
先入観を持ってみてるのかも知れませんが
カメラ変わりました?
一枚目の掛け軸の写真などの画像のクリアさなどみると
そう思えてなりません。

無題

おはようございます!
本当ですね!
掲げられた俳句を拝見すると・・・笑子さまが仰る通りの、俳聖芭蕉さま ですね!♪(^^)♪  P★! P★!
  • ▼▼愉快な仙人▼▼
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)09:23:46
  • 編集

無題

一面の黄色・・・コモチマンネングサでしょうか?
我が家の庭にもたくさん生えてきます^^
足元で咲くと黄色い絨毯みたいで綺麗ですよね~

金ぴかの一茶さんに拝んでしまいそう^^;
何かご利益がありそうで・・・・(笑)
言葉のセンスがよくなりたいのですが・・・・!
  • sato
  • 2013/05/25(Sat)10:29:25
  • 編集

無題

笑子さん  こんにちは。

小林一茶の句には、滲み出る優しさがありますねえ。 その優しさは、
彼の不遇な一生で学んだものだと思います。 
【めでたさも中くらいなりおらが春 】。
本音で生きたという感じがしますよ。

昨日、お母様の「写真展」を拝見に伺いました。
40枚の力作 !! 感動しましたよ。
御写真の選定や飾り付けなど、大忙しだったようですね。

東京界隈の何気ないお写真を見て、
洞察感の鋭いお方であるのを実感しました。
特に人物を、さりげなく取り入れていらっしゃる、
人間は絶えず動いているわけですから、
枠のちょうど良い位置に嵌る一瞬のタイミングを、
上手に捉えていらっしゃる。
妊娠なさっているご婦人が、
胸を張って堂々と歩いている。
しかし、視線はチラッとカメラを横目で見ている。
「撮っているな?」の表情。  気に入りました。

  • ハセドン
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)12:15:16
  • 編集

こんにちは。

これは俳句好きにはたまらない所ですね!
それにしてもなんと金ぴかの一茶翁(笑
一茶はやや鬱屈した性格だったそうで、
江戸にいた頃は賭け俳句をやっていたという、
少々アウトローなところもあったと言います。
でも根は寂しがり屋だったのでしょう。

私が最も好きな句は
「これがまあつひの栖(すみか)か雪五尺」

故郷の信州で永住を決めた後に詠んだ句。
様々な思いが込められた・・・

あ、これは藤沢周平をお読みになれば、
納得できると思います(笑。

無題

こんにちは。
きらびやかな一茶さんの像。

それに相反して
確かにさびしそうな俳句が多いんですね。
解説も読ませていただいて
よくわかりました。
  • きゃふ
  • 2013/05/25(Sat)15:52:51
  • 編集

無題

笑子さん、こんばんは♪
うーん、なるほど!
俳句の中に隠された思い、日本の伝統文化の奥深さを感じます。

酒飲めば 酔いがまわるし 眠くなる

では、またー。(^^)/
  • クロちゃん
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)17:20:40
  • 編集

こんばんは

天井には木に書かれた俳句が・・・。素敵ですね。
一句一句詠んでいくと首が痛くなりそうですね^^;;

金ぴかの一茶さん、これは凄い! きっと一茶さんもまさか・・金ぴかなんて・・って驚いておられるでしょう。
凄く親しみのある俳句で覚えやすいです^^

無題

尾瀬の夜は月灯りと満天の星で
めちゃくちゃ明るい五月でした♪
山ノ鼻までの下りは、まだ雪が多く
あちこちでツルリン、ツルリン。
水芭蕉は今年はちょっと不出来なのは
鹿のせい(^^ゞ
☆☆
  • 小太郎
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)20:16:48
  • 編集

無題

一茶じゃなくて、水芭蕉じゃなくて、
松尾芭蕉をたずねて、7月は山寺に行っていきます。
  • 小太郎
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)20:20:43
  • 編集

無題

う~ん、確かに・・・。
少し寂しげな感じですね。
生い立ちが影響してるのかな。
んでも心に響く、いい句です。 凸
  • こたろう母
  • URL
  • 2013/05/25(Sat)21:05:30
  • 編集

無題

こんばんは〜〜
一茶の句、、こうして解説してもらうと
そうなのか!!と思うところが沢山ありました。
語句が綺麗、、でもそこには寂しい心も表れているんですね。
また、機会があったら是非教えてください^^

黄色がたくさん!
幸せの色の花達、、ほんと素敵〜!

  • かず某
  • 2013/05/25(Sat)22:17:00
  • 編集

こんばんは

こんばんは。
俳句といったら一茶。
そんな感じですね。
私は俳句のことはよく分かりませんけど。
私の住んでいる方にも縁の場所があるんですよ。
例のやせ蛙の場所です。(笑)
  • 自転車親父
  • URL
  • 2013/05/26(Sun)00:08:48
  • 編集

信州信濃町にて・・・その3 HOME 一茶の故郷/信州信濃町にて・・・その1

07 2017/08 09
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/17 karin]
[08/17 よっちん]
[08/17 chacha○]
[08/17 きゃふ]
[08/17 こた母]
HN:
笑子
性別:
女性
趣味:
写真
自己紹介:
「時間~とき~」をテーマに写真を撮り続ける中で、「フォト俳句」と出会い、月刊フォトコンや信濃毎日新聞などに作品を投稿しています。

アーカイブ

お知らせ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ
 
ぽちっと応援お願いします


【 写真雑誌掲載のお知らせ 】
2012年
★フォトコン8月号(7月20日発売)
★フォトコン9月号(8月20日発売)
★フォトコン10月号(9月20日発売)
★フォトコン11月号(10月20日発売)
★フォトコン12月号(11月20日発売)
2013年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
月例コンテスト組写真の部
★フォトコン5月号(4月20日発売)
★フォトコン6月号(5月20日発売)
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!コーナー
入賞作品掲載
★フォトコン8月号(7月20日発売)
月例コンテスト組写真の部「入選」
フォトハイ句!コーナー
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン10月号(9月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
グランプリ作品も掲載されています
2014年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!入賞
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン6月号(5月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ8-9月号
ランクアップ写心作品掲載
☆ランカー☆になりました♪
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ10-11月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界10月号「優秀賞」

★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
1年で入選5回できまして
★マスター★の称号を頂きました(^^)v
2015年
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン8月号(7月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界月11号
「優秀賞」作品掲載
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
2016年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
2017年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
本屋さんで見かけたら
是非手にとって見てください★



template by repe