笑子のフォト俳句ブログ

ブログ

[1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1046]  [1045]  [1047]  [1043]  [1042]  [1041]  [1039

   糸紡ぐ工女の技や春隣 笑子
      いとつむぐこうじょのわざやはるとなり
407ecbd2.jpeg















21日に キャピキャピしながら 糸を紡いでおりましたが・・・
実は私の嫁ぎ先も 20数年前まで養蚕をしていました
しか~し、ダメダメな若かりし嫁の笑子は
お蚕が怖い~~~!!」  と 養蚕の部屋には決して近づかず
亡くなったひぃお祖父さんが 帽子にお蚕付けてるのを
見ただけで 庭先で気絶しそうになってました(笑)

義母は数年前まで 家で機織りの仕事をしていたんですよ☆彡

0e69a5dc.jpeg






















そんな私でしたのでどうやって 
繭から生糸になるのかなんて
全くしらなくて・・・

こうして 繭をお湯でにて それで糸を紡ぐなんて!!
それも、お湯の温度によって 糸の様子も違ってくるなど
いろいろ説明してもらって 大変勉強になりました♪

s-IMG_0213.jpg














ここでは 500人以上の工女さんが 働いていたのですね☆彡
ヨーロッパの技術と日本独自の工法が融合してできた
世界最大規模の製糸工場は近代日本を象徴する建造物として
百数十年の時を経た今も圧倒的な存在感でした

世界遺産に登録されたら きっと!!大騒ぎですよね♪
待ち遠しいな・・・・そして 工場内には 桜が沢山あるので
登録前に もう1度桜の季節に訪ねてみたいと思います☆彡
・・・つづく

みなさんへ・・・☆ 
コメントのお返事は 
ご訪問にかえさせていただいてます(*;ω人)
URLのない方は、こちらでお返事させていただきます♪

励みになります(pq´v`*) 
ポチッと応援 宜しくお願いいたします(。uωu)

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ
 

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

おはようございます

笑子さんおはようございます。
「・・・・工女の技や春隣」
今日も素晴らしい句ですね。
私も子供の母がまゆから絹糸をとる
光景を良く記憶しています。懐かしいですね。
この句の春隣とは春が近くなったということなのでしょうか。

群馬の藤岡製糸工場も懐かしいですね。
今度暇の時に行ってみます。
今日は一番乗りですよ。
気分爽快、爽快。
明日から長野方面の撮影に出かけます。

無題

笑子さん、おはようございます。♪
私の実家も以前は養蚕をしていました。
桑を食べる音がザワザワザワ…。
蚕は子供の頃には平気で掴めましたが、大人になったらダメになりました。
秩父でも養蚕農家が多い心豊かな時代でした。
富岡にはそんななつかしい思い出がいっぱいありそうです。(^^)/
  • クロちゃん
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)07:03:54
  • 編集

無題

笑子さん お早うございます。

今朝はまた冷えましたね。
朝は、一分でも布団に潜っていたいですよ。
本当に春子さんは、隣まで来ているのでしょうかね。

【糸紡ぐ工女の技や春隣】、いい御句ですねえ。
一心不乱に糸を紡いでいる女工の様子が窺えます。

私もあのような形の繭から、どうやって糸を、
取り出すのか全く知りませんでした。

煮るのですか。そして温度が大事なのですね。

≪製糸工場≫の表示板と赤レンガ、
日本の近代化への足音が聞こえて来ます。

花粉の飛散が、今年は少し遅いとか。でも大量!
笑子さん、対策をしっかりとなさって下さい。

  • ハセドン
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)08:07:01
  • 編集

無題

写真とレポート、感心しながら拝見しました。
養蚕や機織は私の母の実家もやっておりました。
規模は違っていても、作業は同じなのですね。
蚕のザワザワと音を立てて葉を食む様子。
繭を作っているようす。
繭から糸を紡ぐ様子。
いろいろ思い出しました。
  • 太郎ママ
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)08:11:55
  • 編集

無題

おはようございます!
昔、小学校の時になぜか?クラスで蚕を育ててました。うちの庭にあった何の木だっけかなぁ、、葉っぱがいいみたいで、いつも持って行ったのを覚えてます。
なのに、最後どうしたのか?が思い出せないんですよね。
情けないですが私も笑子さんと同様に、苦手かもです。(笑

世界遺産に登録されたら景色は一変でしょうね。今のうちに行かないと!桜の季節、是非行きましょう!
  • かず某
  • 2013/01/26(Sat)08:41:20
  • 編集

おはようございます

私の幼少期と言うとかっこいいけれど、もの心が付いた頃熊谷の大麻生と言うところで育ちました。
近所の親戚へ行くと時期には蚕が部屋一面に。
最初は気持ち悪かったけれど、可愛いと思えるようになりましたよ。
あれから糸が出来るなんて知りませんでしたけれど。
こういう施設を今の子供達にも見せておかなければなりませんね。

無題

笑子 さま

皆さんのコメントを拝読していると、
それぞれ養蚕にまつわるエピソードが
おありで驚きました。
蚕、繭…、その神秘的な営みは
本当に感動ものですね。

ただ、そのお姿はわたしもやっぱり
苦手です、多足系も逆に無足系も…。

無題

こんにちはー。

げっ!何の卵?
と思ったら繭でしたか^^;

笑子さんにもかわいらしい時代があったんですね~。
って言ったら失礼ですね。今ももちろん可愛いですよ(^^)
  • あけびーの
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)12:17:17
  • 編集

こんにちは^^

笑子さん
理彩也も初めは怖かったけれど
何回か見ていたら、ある日突然に・・・
お蚕さんが、メッチャ可愛い顔をしているのに気づきましたよ♪
でも、サスガに触れませんでしたが。。。^^;
ここの製糸工場も有名になったし
素晴らしいので世界遺産に認定されると良いですね♪
その時は撮影に行かねば。。。 (笑)
ポチポチ☆彡
  • 理彩也
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)13:51:24
  • 編集

無題

こんにちは

笑子さんがも〜ともっと若〜い頃にここに来てたら
機織りを手伝えてたかも知れませんね。

私の方は今日、小湊鐵道で養老渓谷駅から、
梅ケ瀬渓谷を回ってきました。
残念ながら大つららはありませんでしたが、
小つららと遊んできました。
これから一旦大阪へトンボ帰りです。
  • Futchan
  • 2013/01/26(Sat)14:23:29
  • 編集

無題

こんにちは
嫁ぎ先が、養蚕なさってたんですね?
娘の小学校時代、
おカイコさんを育てて
まゆとり、糸になるまでを
やっとことがあるんです。
娘は、五匹のおカイコさんに
名前付けてました(笑)
  • きゃふ
  • 2013/01/26(Sat)14:49:27
  • 編集

無題

笑子さん こんばんは
昔、家の近所に小さな製糸工場が
ありました。
2~3歳の頃なので蚕がいたかは
わかりませんが、糸を紡ぐ機械を
入口から覗いた記憶があります。
懐かしいです。
  • tanega島
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)18:38:39
  • 編集

無題

お蚕!
20数年前なら分かりませんが、今ならやってみたいです。
糸を紡ぐなんて、わくわくしちゃう♪
機織りも、楽しそう。
嫁ぎ先を、間違えました(笑) 凸
  • こたろう母
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)19:15:26
  • 編集

無題

こんばんは

繭玉から糸を紡ぐのは、繊細な日本女性の手わざがあればこそできた事でしょう☆

こちらでも明治時代から、養蚕をやっていたよう
で、その道具も色々残されています。
それを1つ々を磨き、ギャラリーとして展示しようかと考えているところです。

若かりし頃の笑子さんが、・・・・庭で気絶しそうに・・、分かりますよ~(笑)
  • yamahiko
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)20:03:37
  • 編集

こんばんは

こんばんは。
私もどんな風に生糸を作るかは?
ぜんぜん知りません。
桜の樹がたくさんあるのですか。
良いですね。
GW前辺りが見ごろでしょうか?
行ってみたいです。
  • 自転車親父
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)21:07:13
  • 編集

無題

こんばんは~
蚕・・・恐いです(´д`)

桜が咲くのですね~~
この建物に桜。
とっても合うだろうね!
行ってみたいです♪
  • yuzuhiko
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)21:57:01
  • 編集

無題

繭を冷凍したり、煮たりするのも
馴れないと恐そうです♪
お蚕、イベントで飼ったりしますよ☆☆
  • 小太郎
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)22:54:40
  • 編集

無題

1枚目 お風呂に入ってるみたい ^^
でも 蚕は怖そう (~_~;) 

あ々野麦峠(女工哀史) 以前読んだ本を思い出しました

  • まこちゃん
  • URL
  • 2013/01/26(Sat)23:20:26
  • 編集

富岡製糸場での素敵な出会い♪ HOME 世界遺産へ!!

07 2017/08 09
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/17 karin]
[08/17 よっちん]
[08/17 chacha○]
[08/17 きゃふ]
[08/17 こた母]
HN:
笑子
性別:
女性
趣味:
写真
自己紹介:
「時間~とき~」をテーマに写真を撮り続ける中で、「フォト俳句」と出会い、月刊フォトコンや信濃毎日新聞などに作品を投稿しています。

アーカイブ

お知らせ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ
 
ぽちっと応援お願いします


【 写真雑誌掲載のお知らせ 】
2012年
★フォトコン8月号(7月20日発売)
★フォトコン9月号(8月20日発売)
★フォトコン10月号(9月20日発売)
★フォトコン11月号(10月20日発売)
★フォトコン12月号(11月20日発売)
2013年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
月例コンテスト組写真の部
★フォトコン5月号(4月20日発売)
★フォトコン6月号(5月20日発売)
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!コーナー
入賞作品掲載
★フォトコン8月号(7月20日発売)
月例コンテスト組写真の部「入選」
フォトハイ句!コーナー
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン10月号(9月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
グランプリ作品も掲載されています
2014年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!入賞
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン6月号(5月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ8-9月号
ランクアップ写心作品掲載
☆ランカー☆になりました♪
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ10-11月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界10月号「優秀賞」

★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
1年で入選5回できまして
★マスター★の称号を頂きました(^^)v
2015年
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン8月号(7月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界月11号
「優秀賞」作品掲載
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
2016年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
2017年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
本屋さんで見かけたら
是非手にとって見てください★



template by repe