笑子のフォト俳句ブログ

ブログ

[997]  [996]  [995]  [994]  [993]  [992]  [991]  [989]  [990]  [988]  [987

 人知れず朽ちゆくものの寒さかな 笑子
    ひとしれずくちゆくもののさむさかな
5b50f0ae.jpeg



















第一次世界大戦の時代 地理的な条件や秘匿の容易さなどから
ここ大久野島が化学兵器の生産拠点に選び出された

化学兵器は1925年のジュネーブ議定書で
戦争での使用が禁止されていたが開発保有は合法だったらしい

毒ガス工場の存在は機密性から秘匿され
陸軍が発行した地図においても
大久野島一帯は空白地域として扱われたという話を
行きのフェリーで一緒になったおじさんから丁寧に説明された
61a7e07b.jpeg














そして 島の反対側まで歩いてきて
その毒ガス貯蔵跡にたどり着きました

バックリと大きく口を開け そそり立つその建物
言葉ではいいようのない威圧感を感じました
s-IMG_7519.jpg




















大久野島で生産された毒ガスの総量は6,616トン
地元の農民や漁民 勤労動員学生などが従事していた

太平洋戦争終戦時に島内に残留していた毒ガス・化学兵器は
周辺海域への海洋投棄・島内での地中処分といった方法で
除毒措置も施された
しかし処分は十分ではなく 現在でも島内の地下
4~5メートルの土壌で高濃度のヒ素が検出されるなど
負の遺産を受け継いでいる
(以上 ウィキペディアより抜粋)
s-IMG_7534.jpg





















言いようのない思いを胸に抱きながら
見上げた空に 月が輝いていました
私たちはしばらく無言で月を見上げていました

「もうそろそろ 港にもどらなきゃね」
帰り路には立派な 大久野島国民休暇村があって
暗い庭で 多くの人がうさぎと戯れていました
ここには環境省のビジターハウスやキャンプ場もあるそうで
夏はかなり賑わうみたい

少し怖い夢から目覚めた気分でした。。。。
f39d4573.jpeg














「あの船に乗って 戻りましょう」
「yuzuhiko君 出航まで何分ある???私写真撮りたい」
もう時間が無いのに 桟橋に三脚を立てカメラをセットした
カシャ・・・・
今日見て感じたこと 私は一生忘れない・・・

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

みなさんへ・・・☆ 
コメントのお返事は 
ご訪問にかえさせていただいてます(*;ω人)
URLのない方は、こちらでお返事させていただきます♪


励みになります(pq´v`*) 
ポチッと応援 宜しくお願いいたします(。uωu)
☆下の2つのバナーをクリックしてくださいねっ

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ
 

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

なんだか、異空間みたいですね
そこが本当に現実の世界だったのか・・・・

昼間に見ればまた少し違った雰囲気に見えるのだろうか?
夕闇が余計に悲しさや切なさをかもし出していますね
  • ♪陽ちゃん
  • 2012/12/04(Tue)07:37:53
  • 編集

無題

戦争はいかに悪なのかを改めて知らされました。
悪夢としか言いようがありません。
あの戦争に負けたことは良かったとも言えそうですね。
何はともあれ、現代の平和に感謝です。
  • 太郎ママ
  • URL
  • 2012/12/04(Tue)08:16:25
  • 編集

無題

おはようございます。

重い話ですが、有難うございました。
笑子さんのこの記事を読まなかったら、この島のここまでの深い事柄を、知ることはなかったと思います・・・。

最後のお写真、切なさが募りますね。
  • yamahiko
  • URL
  • 2012/12/04(Tue)09:01:59
  • 編集

無題

こんにちは☆
全盛時が軍需施設の秘密工場だっただけに滅びの美しさとは別の感慨が涌いてきます
平和な時代になったからこそ湧き上る思いでも有り、二度とこのような事が起こらないことを願わずにはいられません
  • サイモン
  • URL
  • 2012/12/04(Tue)10:49:37
  • 編集

無題

こんにちは

ブログの写真と説明を読んでそくっとしました。
このような毒ガスの島が本当に存在していたのですね。
ナチスの施設を思いだします。
ショックです。

無題

こんにちは
昨日の私のコメントが舌足らずだったために
余計なご心配をおかけしました。
お詫びします。

世の中は明るいもの美しいものだけでは
ありませんし、暗い歴史をたどってみることも
無意義ではありません。

今回の旅が明日の糧になったことは大変良かった
と思います。

本件、どうかご放念ください。
  • 遥山
  • 2012/12/04(Tue)14:45:35
  • 編集

無題

笑子さん、こんにちは。
今日は、戦争の悲惨さ・・・
身にしみました。
お写真からも戦争の悲惨さを
訴えているような気がします
  • きゃふ
  • URL
  • 2012/12/04(Tue)15:00:12
  • 編集

こんにちは^^

笑子さん
今は廃墟になってても、その昔の悪夢が蘇って来るようですね!!!
戦争のむなしさや悲惨さを語り継いで行くことも大事かも?
今の平和は多くの命の引き替えなのですから
心して生きてゆかねば。。。
心が重くなる体験でしたが、でも、知ることは大事ですよね!!!
ポチポチ☆彡
  • 理彩也
  • URL
  • 2012/12/04(Tue)16:01:58
  • 編集

無題

日常の生活と比べて見ちゃうと、別の世界のように思えますが事実なんですよね。
写真で、鉱毒問題のあった「足尾」に足繁く通った頃がありました。

無題

う~ん、深いです。
なんかね~、何とコメントしていいか、
よく分からないです。
んでも、今回の経験は、間違いなくいい事ですよね。
こた母は、そう思います。 凸
  • こたろう母
  • URL
  • 2012/12/04(Tue)19:21:00
  • 編集

恐怖の島ですね

人知れず朽ちゆくものの寒さかな

秀句ですねぇ
写真だけではなく俳句も本格的なのですねぇ
この一枚目のお写真
素人のぼくが言うのもおかしいですけど
手前の煉瓦の額縁風設定が効いていますねぇ

3枚目の半地下ではないんでしょうけど
見ようによっては半地下にも見える建物
これもほんとに恐ろしげな雰囲気ですね

それと鉄塔!!
ぼくは昔から鉄塔が好きなのですが
この鉄塔 いいですね
暗さ加減といい
うんと足元に寄っているところと言い
笑子さん達からみれば当たり前なのかもしれませんが
ぼくの目には真驚きです

無題

こんばんは。
戦争の悲惨さ、そしてそれによって今も苦しむ事など、、
多くのことを伝えてくれている情景ですね。
そこを見事に切り取られていると感じます。

ウサギさんと会うことでちょっとほんわりするんだけど、ふとまた思い出して、、
という感じでしょうね。
ここは強いメッセージを伝える島だと思います。
  • かず某
  • 2012/12/04(Tue)21:44:13
  • 編集

無題

こんばんは

今日見て感じたこと 私は一生忘れない・・・
写真とあいまって深い言葉と受けとめました。

人によっては、写真からでも強い力を感じて
直視出来ないこともあります。
今日の写真から、直視出来ない人の感確が少し分かる
ような気がしました。

こんばんは

こんばんは。
負の遺産ですね。
なんとも言いようがない雰囲気です。
今でも世界中で紛争が続いてます。
なんだかんだといって日本は幸せですね。
感謝して生きていけたらよいですね。
  • 自転車親父
  • URL
  • 2012/12/04(Tue)22:27:13
  • 編集

無題

こんばんは。
ここにはまだまだ
戦争の爪あとが残っているんですね。
実際にその場所へ行くと
考えさせられるものがありますよね。。。
(*^_^*)

無題

うさぎ島っていうのですね。
神秘的な島ですね…
一度は訪ねなければ。
冬が似合う島です☆☆
  • 小太郎
  • URL
  • 2012/12/04(Tue)23:16:22
  • 編集

無題

笑子さんがここに訪れなかったら
きっとずーっと知らないでいた事だと思います
教えて頂きありがとうございます!
今もなお戦争の爪跡は残っているのですよね

港の灯りが心をほっと解きほぐしてくれますね^^

やはり・・・

未だ未だ各地には残っているんですね。
東京での戦禍の遺物は、だいぶ朽ちてしまって
かなりの数が無くなってしまっているのが現状
ですが、残せるモノは歴史的遺産として保存し
て欲しいですね。
  • すばるf4
  • URL
  • 2012/12/05(Wed)22:00:32
  • 編集

あけびーのさんと蛸ランチ♪ HOME うさぎの島へ・・・

07 2017/08 09
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/17 karin]
[08/17 よっちん]
[08/17 chacha○]
[08/17 きゃふ]
[08/17 こた母]
HN:
笑子
性別:
女性
趣味:
写真
自己紹介:
「時間~とき~」をテーマに写真を撮り続ける中で、「フォト俳句」と出会い、月刊フォトコンや信濃毎日新聞などに作品を投稿しています。

アーカイブ

お知らせ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ
 
ぽちっと応援お願いします


【 写真雑誌掲載のお知らせ 】
2012年
★フォトコン8月号(7月20日発売)
★フォトコン9月号(8月20日発売)
★フォトコン10月号(9月20日発売)
★フォトコン11月号(10月20日発売)
★フォトコン12月号(11月20日発売)
2013年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
月例コンテスト組写真の部
★フォトコン5月号(4月20日発売)
★フォトコン6月号(5月20日発売)
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!コーナー
入賞作品掲載
★フォトコン8月号(7月20日発売)
月例コンテスト組写真の部「入選」
フォトハイ句!コーナー
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン10月号(9月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
グランプリ作品も掲載されています
2014年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!入賞
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン6月号(5月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ8-9月号
ランクアップ写心作品掲載
☆ランカー☆になりました♪
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ10-11月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界10月号「優秀賞」

★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
1年で入選5回できまして
★マスター★の称号を頂きました(^^)v
2015年
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン8月号(7月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界月11号
「優秀賞」作品掲載
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
2016年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
2017年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
本屋さんで見かけたら
是非手にとって見てください★



template by repe