笑子のフォト俳句ブログ

ブログ

[905]  [904]  [903]  [902]  [901]  [900]  [899]  [898]  [897]  [896]  [895

爺の打つ太鼓しめれる虫送り 笑子
s-IMG_3452.jpg














門平地区に移動してくると
地区の皆さんが ちらほら・・・集まり始めていました

門平では笹に五色の施飢餓旗と炒りさご(半紙の包み)を付けて各戸で持ち寄り
鉦・太鼓に 唱え言葉で害虫と無縁仏の精霊を送り出します
s-IMG_3454.jpg













送り竹の様子です
笹竹に七夕に作ったノロセと炒りさごを吊し送り竹を作ります
炒りさごは 麦・大豆・粟などを炒り 一つまみの紙捻にしたもので
これで 家族中の体を撫でて 体に付いた虫を封じ込めます
立沢の虫送りに比べると 全体的に控えめなムードなのです
s-IMG_3442.jpg













こちらでも こんな可愛い女の子が送り竹を持って歩いてきました

ここ門平地区は歴史もあって <天空の里>と呼ぶにふさわしい
自然豊かな地区なのですが 生活にはやはり不便なところで
現実的には過疎化が進み 限界集落となっています
子どもの人数も かなり少なくなってきて
それでも この虫送りの日は お盆で帰省してきた人たちや
そのお子さんなども加わって 列を作ります
s-IMG_3460.jpg













「な~んの虫を送るよ~い」
この唱え言葉は こちらでも同じ
こうして村境まで歩いていきます

この近くの石間・沢口地区でもこの日精霊送りが行われますが
虫送りと同じ意味合いです
精霊とは悪霊と考えられ 無縁仏とも理解されているようです
悪霊のたたりがないように・・・
そして農作物の病害虫・疫病・厄や天変地異までも
虫として送り出します・・・明日につづく

★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
みなさんへ・・・☆ 
コメントのお返事は 
ご訪問にかえさせていただいてます(*;ω人)
URLのない方は、こちらでお返事させていただきます♪


励みになります(pq´v`*) 
ポチッと応援 宜しくお願いいたします(。uωu)
☆下の2つのバナーをクリックしてくださいねっ

 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ

 
第3回全国フォト×俳句選手権 10月13日14日開催されます
只今、参加受付中!!詳しくは下のバナーをクリックしてね

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

笑子さん こんにちは。

【虫送り】も愈々、佳境に入って来ましたね。
これは≪送り竹≫というのですか。

家族の体を撫でて 体に付いた虫を封じる。
なるほど。
小さな女の子もちゃんと、送り竹を
持っていますねえ。
私なんか、撫でられると、ぞろぞろ悪虫が
出てきますよ。きっと。 封じて貰いたいですよ。

悪霊を退治する風習が地方によって、
いろいろな形のある事が、伝統文化ですね。
  • ハセドン
  • 2012/09/03(Mon)16:27:12
  • 編集

無題

こんにちは~。

無縁仏を送り出す意味もあるんですね。
過疎化が進む村に取ってひとつの問題でもあるのでしょうね。

子供も結構いるんだ~とびっくりしたんですが、
帰省組の子供たちもいたんですね。
どんな形でも昔ながらの風習が絶えることなく続いていけばいいですよね(^^)
  • あけびーの
  • URL
  • 2012/09/03(Mon)16:52:32
  • 編集

無題

軽トラの上で太鼓を打つじいちゃん
いい味出てますねぇ~(笑)

こんな光景だぁ~いすき♪
  • ♪陽ちゃん
  • 2012/09/03(Mon)17:07:22
  • 編集

無題

こんばんは

一枚目のお父さんの姿に
「頑張れ!」と言いたくなります。
太鼓をたたきながら、
色々と思い浮かぶことがあるでしょうね。

チョッと近所の虫送りについて調べてみたら
お隣の池田市で「がんがら火祭り」として
毎年8月24日にたいまつを燃やして街中を練り歩く。
これが、祖霊信仰、虫送り信仰の名残りと
言われています。
今年は笑子さんを見習って
「がんがら火祭り」を撮りに行くつもりでしたが、
去年一緒にオーストラリアに行った会社の悪友が
定年の祝いに「亀寿司で思いっきり寿司食わしたる」
というのであっさり方向転換、
寿司三昧の夜となってしまいました。
(ホント体重アップしました)
京都ほど大掛かりではないですが、
「大文字焼き」もあるんですよ。
僕の幼い頃は、猪名川の花火大会と同時開催でしたが、
近年花火大会と「がんがら火祭り」は分けて開催しています。

来年は頑張って撮りに行こう!

無題

笑子さん、こんばんは♪
実は私は隣の集落の生まれです。(=^0^=)
山の上から下界の雲を眺めて育ちました。
夏は涼しいぞー。(^^)/
冬は…。(-^〇^-) ハハハハ
  • クロちゃん
  • URL
  • 2012/09/03(Mon)19:41:28
  • 編集

無題

こんばんは〜
ここにも虫送りが息づいているんですね〜
小さな竹を持った女の子。動きがあって、そして影が良い感じでで情景を膨らませています。呼びかけたのでしょうか?カメラ目線が最高!
素敵な一枚ですね!
可愛いですね~~!そして、私が注目したのは軽トラの上で叩く太鼓!(笑
これは、良い感じで車全体が響いて面白そう!(笑
  • かず某
  • 2012/09/03(Mon)20:16:36
  • 編集

オイラも…

こんばんは

9月1日 ココ門平&立沢の少し上…
上日野沢に行って来ました☆
目的は “天空のおやき” を食す!

…ソレにしても笑子さん アクティヴですなァ~ 見習わなくちゃ♪
  • ひげオヤジ
  • URL
  • 2012/09/03(Mon)20:59:37
  • 編集

無題

限界集落。
なんとも寂しい気がします。
いい伝統なので、受け継いで欲しいですね~。

お子達に、期待!ですね。 凸
  • こたろう母
  • URL
  • 2012/09/03(Mon)21:05:33
  • 編集

無題

虫送りですか…

深く調べてみたい題材ですね。

昔は伝奇物が好きでした。
  • 小太郎
  • URL
  • 2012/09/03(Mon)21:06:25
  • 編集

無題

なんか ほんわか しますね
懐かしい感じもします ^^
いいですね~~♪
  • まこちゃん
  • URL
  • 2012/09/03(Mon)21:09:48
  • 編集

無題

こんばんは

虫送り、その地域で違いはあるものの、過酷とも言える環境の中で暮らしてきた人々の、暮らしの平安、健やかな暮らしを願う思いが根底を貫いているように思います

天空の里、でも現実の暮らしにはいささか不便があり・・・、人口も減りつつある。
分かりますよ!

こちら英彦山も一昔前は、鳥も通わぬ・・、と揶揄されたほど辺境の地と言われていたそうです。
そこにわざわざ街から移り住んだ私達夫婦は、どれだけ
変人なのかと、初めは奇異の目で見られたりして!

今となったら、面白可笑しい記憶です~。

お嬢ちゃん、可愛いですね。

スミマセン。
私の事を、語ってしまって・・・。
  • yamahiko
  • URL
  • 2012/09/03(Mon)22:10:52
  • 編集

こんばんは

こんばんは。
地域によって少し違いがあるのですね。
やはり人が減っているんですね。
ちょっと残念です。
いつまでも残して欲しい伝統ですよね。
  • 自転車親父
  • URL
  • 2012/09/03(Mon)22:21:11
  • 編集

おはようございます。

虫送り・・この事は初めて知りました。
一枚目の太鼓をたたく男性、いい雰囲気です。
集落の催し、この様な行事は長く続けてもらいたいものです。
小さな竹を持った子供の姿も生き生きして可愛い!
人口が減らないように、とおもいます。
  • のんのん
  • URL
  • 2012/09/04(Tue)03:52:18
  • 編集

無題

素朴で優しいお祭りですね。
何にしても五穀豊穣や家内安全など、願うものなのですね。
子供たちには良い思い出になるでしょうね。
過疎化は仕方ないのかもしれませんが、寂しいですね。
  • 太郎ママ
  • URL
  • 2012/09/04(Tue)07:05:31
  • 編集

無題

笑子 さま

長閑で良い行事なのに、確かにちょっと
寂しい感じがしますね…。
生活する上での便利と不便、理想と
現実など考えたら複雑な思いになります。

「な~んの虫を送るよ~い」の唱え言葉、
聞いてみたいなぁ♪

無題

笑子さん こんにちは
軽トラに太鼓?
こちらの祭りの太鼓とは違った趣き(^◇^)
私も「虫送り」して欲しいなぁ
ところで”炒りさご”はその後どうするのですか?
  • tanega島
  • URL
  • 2012/09/04(Tue)11:24:11
  • 編集

無題

笑子さん、こんにちは。
太鼓を叩いていらっしゃる方。
そして、可愛い可愛いお嬢ちゃん(^^♪

みんなが一緒になって力を合わせてる様子が
本当に素敵です。
地元のつながりの良さを再認識しました。
  • きゃふ
  • URL
  • 2012/09/04(Tue)11:24:53
  • 編集

無題

門平の仕送り・・・様子がよくわかりました。
地元の人が虫送りの行事を大事にしている様子が伝わってきます。

オイラはこの耕地には知り合いがいます。
虫送りのとき寄ってみたいです。

虫おくり・・・その5(門平) HOME 虫おくり・・・・その3(立沢)

07 2017/08 09
S M T W T F S
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/17 こた母]
[08/17 Junko]
[08/17 simosan]
[08/17 hirugao]
[08/17 ryo]
HN:
笑子
性別:
女性
趣味:
写真
自己紹介:
「時間~とき~」をテーマに写真を撮り続ける中で、「フォト俳句」と出会い、月刊フォトコンや信濃毎日新聞などに作品を投稿しています。

アーカイブ

お知らせ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ
 
ぽちっと応援お願いします


【 写真雑誌掲載のお知らせ 】
2012年
★フォトコン8月号(7月20日発売)
★フォトコン9月号(8月20日発売)
★フォトコン10月号(9月20日発売)
★フォトコン11月号(10月20日発売)
★フォトコン12月号(11月20日発売)
2013年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
月例コンテスト組写真の部
★フォトコン5月号(4月20日発売)
★フォトコン6月号(5月20日発売)
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!コーナー
入賞作品掲載
★フォトコン8月号(7月20日発売)
月例コンテスト組写真の部「入選」
フォトハイ句!コーナー
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン10月号(9月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
グランプリ作品も掲載されています
2014年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!入賞
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン6月号(5月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ8-9月号
ランクアップ写心作品掲載
☆ランカー☆になりました♪
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ10-11月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界10月号「優秀賞」

★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
1年で入選5回できまして
★マスター★の称号を頂きました(^^)v
2015年
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン8月号(7月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界月11号
「優秀賞」作品掲載
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
2016年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
2017年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
本屋さんで見かけたら
是非手にとって見てください★



template by repe