笑子のフォト俳句ブログ

ブログ

[685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [675

 跼る人に無頼の北の風  笑子
  せぐくまるひとにぶらいのきたのかぜ
s-IMG_1498.jpg



















え~っと またまた伊豆の写真に戻ってきました・・・

白浜で見つけた これはただの「木」なのですが
私には 力無く うずくまっている後ろ姿
うなだれて座り込む人の背中にしか見えなくて・・・パチリ
えっ見えない??無理やりでも見てくださいねぇ~(汗)

少々のネタ不足ですから~
厳しいときは 難しい漢字の起用!!
これ、笑子の得意技ですねっ(つω`*)エヘ

【 跼る 】 せぐくまる と読みますね
意味は・・・からだを前へかがめ、背を丸くする。かがまる。

「唯でさえ猫背なのを、一層寒空の下に跼って」・・・などという
使われ方をします

中原中也の「夜半の嵐」 


松吹く風よ、寒い夜(よ)の
われや憂き世にながらへて
あどけなき、吾子(あこ)をしみればせぐくまる
おもひをするよ、今日このごろ。


人のなさけの冷たくて、
真(しん)はまことに響きなく……
松吹く風よ、寒い夜(よ)の
汝(なれ)より悲しきものはなし。


酔覚めの、寝覚めかなしくまづきこゆ
汝(なれ)より悲しきものはなし。
口渇くとて起出でて
水をのみ、渇きとまるとみるほどに
吹き寄する風よ、寒い夜の


喀痰(かくたん)すれば唇(くち)寒く
また床(とこ)に入り耳にきく
夜半の嵐の、かなしさよ……
それ、死の期(とき)もかからまし


・・・・なんと悲しい詩なのでしょうか
長男の死の直前に書かれたであろうといわれています

余りまで淋しそうな背中だったので
ちょっと 笑子らしくないフォト俳句でしたでしょうか(`-д-;)ゞ
s-IMG_1440.jpg













冬の海は やはり・・・どこか淋しそうですね
ときどきは こんなフォト俳句もいいかな。。。と

淋しそうな背中を見つけたら そっと「どうしたの」って
声をかけてあげたいですね
近しい人なら 背中をさすってあげたいです

もし自分がそんなときは やっぱり誰かにそうして欲しいと思うから・・・・


 コメントお待ちしています☆
励みになります(pq´v`*) 
ポチッと応援 宜しくお願いいたします(。uωu)

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ
 
 
 

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

こんにちは~。

海岸に横たわる木ってどこか寂しげですよね。
こちらの木はうなだれているのですね?
そう思ってみたらそんな風に見えてくるのが不思議です。

どこか寂しげな冬の海、嫌いじゃないです。
寒いからめったに行きませんけど(笑)
  • あけびーの
  • URL
  • 2012/01/26(Thu)16:45:36
  • 編集

あけびーのさま

あけびーのさん

・・・近くても、めったに行かないんですね
冬の犬島の写真は貴重かなっ!!

あ~、無理やりでも、背中に見えてよかった(汗)

早速マスク着用の笑子でした。゚(*´□`)゚。ウワェェェン
  • 笑子
  • 2012/01/26(Thu)17:19:49
  • 編集

無題

あの~・・・昨日の記事にコメント入れたと思っていたのですが・・・。私が夢を見たのでしょうか?

さて、今日はちょっぴり寂しそうですね。
海辺の流木って流され流されて、いろいろなものを見てきているんだろうなぁ~って思います。
声、かけないといけませんね。
  • NONAME
  • 2012/01/26(Thu)18:05:22
  • 編集

無題

中也の詩、哀しいですね。
>あどけなき、吾子(あこ)をしみればせぐくまる

結婚して4年後に急逝したのは2歳で亡くなった
長男の死が相当なショックだったからだと伝えられていますね。

自分より子供が先に逝くなんて考えただけでも
「跼り」ます。

砂浜の写真、さすがの連想力に脱帽です。
  • ようざん
  • 2012/01/26(Thu)19:05:59
  • 編集

無題

コメントにNONAMEなんて失礼な人いますね(爆)
昨日もコメント入っていましたね。すみません・・・。

無題

あまり使わない言葉ですよね。
すごく新鮮でした。
写真もナイス!

無題

無頼の北の風、ですか。
風になってみたくなった小太郎ですヾ(´▽`;)ゝ

冬は海も無頼ですね。
冬の海をみるとすぐに心に浮かぶ、中城ふみ子の歌があります。
「冬の皺よせゐる海よ今少し生きて己れの無惨を見むか」
  • 小太郎
  • URL
  • 2012/01/26(Thu)22:46:39
  • 編集

こんばんは

こんばんは。
素敵な写真ですね。
こう言うのは好きですよ。
漢字は分かりませんでした。
言葉もあまり耳にしませんでした。
漢検の一級クラスです!(笑)
  • 自転車親父
  • URL
  • 2012/01/26(Thu)23:06:05
  • 編集

無題

砂浜の木、どこか寂しげですね。
中原中也の詩に、わが長男を思い出しました。
肉親の死は、どこまでも哀しいですね。
  • 太郎ママ
  • URL
  • 2012/01/27(Fri)07:59:46
  • 編集

無題

笑子 さま

そう、きっと笑子さんなら声をかけて
背中をさすって下さる…。
笑子さんからはそんな寄り添う気持ちを感じます。
だから、砂浜の「木」にも「跼る」イメージを
見い出せちゃうのでしょうね!

ココロがちょっとじ~んとしましたよ♪

ようざんさま

ようざんさん

まだ2歳の我が子を失う哀しみは
生きる気力さえ失うほどのものだったのでしょう…

冬の海は美しくも、厳しくて…
ただそこに北風にさらされている、ただの木なのに
イメージが膨らんでいきました
  • 笑子
  • 2012/01/27(Fri)11:36:00
  • 編集

awaさま

awaさん

お名前の記憶が消えてしまったんですね
2度もありがとうございます

海辺の漂着物・・・・その長き旅を想像させますね
  • 笑子
  • 2012/01/27(Fri)11:37:46
  • 編集

JOKERさま

JOKERさん

ありがとうございます☆
時々難しい漢字引っ張り出してきて
俳句作り格闘しています。。。
  • 笑子
  • 2012/01/27(Fri)11:41:08
  • 編集

小太郎さま

小太郎さん

「風になりたい・・・」そんなふうに思える時が
私もあります

中城ふみ子・・・
短くも壮絶な人生を生きたかたですね。。。


「灼きつくす口づけさへも目をあけてうけたる我をかなしみ給へ」

1度中に入ったら忘れられない詩が多くあります
  • 笑子
  • 2012/01/27(Fri)11:49:24
  • 編集

自転車親父さま

自転車親父さん

ちょっと厳しいときに
難しい漢字の助けを借りています
耳慣れない言葉はそれだけで「何か」新鮮なものです☆
  • 笑子
  • 2012/01/27(Fri)11:50:37
  • 編集

太郎ママ さま

太郎ママさん

ごめんなさい
お辛い記憶を呼び起こしてしまいました
それ以上の哀しみがこの世にあるのだろうか。。。
本当にそう思います
  • 笑子
  • 2012/01/27(Fri)11:51:51
  • 編集

lunayaさま

lunayaさん

肉親や本当に近しい人なら、直ぐにそうしたいですが…
お友達にとても哀しい思いをした人がいまして
私なりにお手紙を書いたりしたのですが、彼女にとっては
迷惑だったようです・・・
哀しみが深ければ深いほど、寄り添えない場合もありますね
自分の思いが上手く伝えられない・・・とても哀しいことでした
  • 笑子
  • 2012/01/27(Fri)11:55:17
  • 編集

無題

こんばんは〜
私にも、見えましたよ。ほんとに、、。
笑子さんの文を読まないでそう感じました。
これがここにぽつんとあったら、、撮っちゃいますよね〜(笑
そして、悲しい詩じっくり見ました。
そして、ググってみました。
もちろん、どんな人かってことも知っていましたが、詳細は全く、、でしたのでね〜(笑
その人の生き様って、、いろんなことで表せるんだろうな〜。
文字、写真、職業、スポーツ、、、、色々ですね。ほんとに。
  • かず某
  • URL
  • 2012/01/27(Fri)21:31:34
  • 編集

かず某さま

かず某さん

いろんな人生があると思いますが
子供を亡くすことは、最も哀しいことでしょう…
想像を絶します

いろいろな中でこうして、ブログの中に
写真や文字で自分の生きた道も、残していけたらいいですね。。。
  • 笑子
  • 2012/01/27(Fri)22:16:43
  • 編集

跼る

跼る・・・漢字そのものが意味を説明していますね。ちょっと淋しい漢字かも。中原中也の詩、そんな悲しい出来事があったのですか・・。

なりひらさま

なりひらさん

・・・そうですね
漢字そのもの、響きさえ哀しように思えます
日本の言葉って奥が深いですね
  • 笑子
  • 2012/01/28(Sat)10:18:58
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

轟轟と・・・ HOME 雪んこ

07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/19 noko]
[08/19 hirugao]
[08/19 こた母]
[08/19 くーまたん]
[08/19 てくっぺ]
HN:
笑子
性別:
女性
趣味:
写真
自己紹介:
「時間~とき~」をテーマに写真を撮り続ける中で、「フォト俳句」と出会い、月刊フォトコンや信濃毎日新聞などに作品を投稿しています。

アーカイブ

お知らせ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ   人気ブログランキングへ
 
ぽちっと応援お願いします


【 写真雑誌掲載のお知らせ 】
2012年
★フォトコン8月号(7月20日発売)
★フォトコン9月号(8月20日発売)
★フォトコン10月号(9月20日発売)
★フォトコン11月号(10月20日発売)
★フォトコン12月号(11月20日発売)
2013年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
月例コンテスト組写真の部
★フォトコン5月号(4月20日発売)
★フォトコン6月号(5月20日発売)
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!コーナー
入賞作品掲載
★フォトコン8月号(7月20日発売)
月例コンテスト組写真の部「入選」
フォトハイ句!コーナー
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン10月号(9月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
グランプリ作品も掲載されています
2014年
★フォトコン3月号(2月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!入賞
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン6月号(5月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ8-9月号
ランクアップ写心作品掲載
☆ランカー☆になりました♪
★フォトコン9月号(8月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ10-11月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界10月号「優秀賞」

★フォトコン12月号(11月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
1年で入選5回できまして
★マスター★の称号を頂きました(^^)v
2015年
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「優秀賞」
★俳句あるふぁ4-5月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン5月号(4月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★俳句あるふぁ6-7月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン8月号(7月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン11月号(10月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句界月11号
「優秀賞」作品掲載
★俳句あるふぁ12-1月号
ランクアップ写心作品掲載
2016年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★俳句あるふぁ2-3月号
ランクアップ写心作品掲載
★フォトコン4月号(3月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
★フォトコン7月号(6月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
2017年
★フォトコン1月号(12月20日発売)
フォトハイ句!「入賞」
★フォトコン2月号(1月20日発売)
フォトハイ句!「中谷賞」
本屋さんで見かけたら
是非手にとって見てください★



template by repe